切手に関する情報が満載!

世界中にいる切手の収集家

郵便物に貼り付ける金券である切手ではありますが、小さな紙片に精密な絵柄が描かれている点や、古くから世界中で膨大な種類が発行されていることから、世界中に収集家がいます。
かつて世界的に収集がブームになった際には投機を目的として購入する人が後を絶たなかったくらいであり、人気が高いもの、あるいは確認されている現存枚数が少ないもの、そもそも発行枚数が少ない限定のものは購入者が殺到し、取引価格も高騰しました。
現在でも切手を収集する人は世界中に多くいるのですが、かつてほどの勢いはなくなっており、その数も減少しているのが現実であり、取引される際の価格も低下しつつあります。
それでも専門に取り扱っているお店ではプレミアの付くものが高値で販売されていますし、交換会などのイベントは各地で催されています。
また、インターネットなどの情報の発達により、国境を越えて世界規模で情報や切手の交換が頻繁に行なわれるようになりました。

切手収集家たちの現在

切手の収集家は世界中にいるのですが、その数はかつてよりも減少してしまいました。
そもそも初めて切手が発行されてから約170年が経過しており、現在までに膨大な種類が世界中で発行されています。
そのために世界中に収集する人がおり、発行枚数が少なかったり、あるいは人気の絵柄を採用しているものなど、入手が困難なものに関しては高値で取引されることも珍しくありません。
かつて収集がブームとなっていた1960年代には取引価格が上昇することを見込み、投機を目的として購入する人が後を絶たず、取引価格の上昇をさらに後押しすることさえあったのです。
ですが現在ではコレクターの数は減少しています。
インターネットなどの情報伝達手段が確立されることによって切手を用いる機会が減少したことも一因です。
とはいえ現在でも高値で取引されているプレミアの付いたものは多くありますし、インターネットで専門に取り扱うお店も登場しています。
また、交換会などのイベントも各地で開催されています。

recommend

大阪の運転代行センター
http://www.nishi-center.com/

Last update:2017/3/1

Copyright (C)2015 想いを届ける切手.All Right Reserved.